熊田曜子が日焼け止めクリーム1日2本

熊田曜子が日焼け止めクリーム1日2本 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

 グラビアアイドル熊田曜子(25)が16日、都内でDVD「陽光スイーツ」の発売イベントを行った。以前に観光大使を務めていたバリ島で撮影。 → ranking

 DVDでは美白がまぶしいが「私は、日焼け止めクリームを使う量がグラドルで1番多いはず」と、1日2本(1年で730本?)消費していると話した。「ぜひ私を日焼け止め大使に」とPR。 → ranking

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080217-00000010-nks-ent

・熊田曜子の画像 → 熊田曜子
・人気アイドル画像 → entameranking
・人気アイドル画像 → entameranking
・人気アイドル画像 → entameranking
・人気アイドル動画 → GyaO アイドル・グラビア
・人気アイドル画像 → entameranking
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
日焼け止めで「らん藻」死滅 サンゴ白化の一因 伊大チーム
2008年2月16日(土)15:37

 日本を含めた多くの国で日焼け止めに使われている成分が、ごく低濃度でもサンゴに共生する「らん藻」を殺し、サンゴの白化の一因になっているとの実験結果を、イタリア・マルケ工芸大の研究チームがまとめた。日焼け止めとサンゴの白化との関連が実証されたのは初めてという。

 白化が長引くとサンゴが死ぬことがあり、チームのロベルト・ダノバロ博士は「水温上昇や汚染などによって脅かされている世界各地のサンゴに、観光客の増加がさらなる悪影響を与えることが心配される」と警告。「サンゴへの悪影響が少ない物質への転換が必要だ」と指摘した。


 博士は「実際の環境中でも日焼け止めがサンゴに影響を与えている可能性が高い」としている。


 チームは、インドネシア、メキシコ、タイ、エジプトの4カ国の海でサンゴを採取。海水1リットル中に、市販の日焼け止めを100万分の1リットルだけ含む水の中で飼育した。その結果、18~48時間のうちにらん藻が大量にサンゴから抜け落ち、96時間以内にサンゴが完全に白化することを確かめた。


 成分ごとに調べると、パラベン、桂皮酸、ベンゾフェノン、カンファー抽出物という4種類の物質に、使用時に海に溶け出すのと同程度の量で、サンゴを白化させる作用があることが分かった。これらの物質は日本で市販されている日焼け止めにも使われているという。


 実験では、これらの物質がらん藻中で有害なウイルスを活性化させ、ウイルスの量が通常の15倍になることも判明。日焼け止めの成分が引き金で起こるウイルス感染の拡大で、らん藻が死ぬらしいことが分かった。


                   ◇


【用語解説】サンゴの白化


 サンゴに共生し、光合成によって栄養分を供給しているらん藻がサンゴから脱落し、サンゴが真っ白くなる現象。近年、世界各地で拡大しており、地球温暖化による海水温度の上昇が一因とされている。白化発生の詳しい仕組みなど分かっていないことも多く、細菌やウイルス感染との関連も指摘されている。
2008/02/17(日) 13:21 | URL | e #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tomoko0101.blog77.fc2.com/tb.php/502-b0a2a06e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。