ハンセン病:差別の歴史を学習して 熊本に資料館

ハンセン病:差別の歴史を学習して 熊本に資料館 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

熊本県合志市の国立ハンセン病療養所菊池恵楓園内に12日、九州初のハンセン病歴史資料館を兼ねた「社会交流会館」がオープンしたちうわけや。かつて園を囲んどった隔離壁(高さ約2・4メートル、厚さ約15センチ)に入所者が外を見たい一心で穴を開けた「望郷の窓」や病気が治って退所する際に打ち鳴らした「希望の鐘」やらなんやら、ハンセン病の歴史を知るうえで貴重な資料約200点を展示してん。

 交流会館に改装されたんは旧事務本館。隔離壁は昨年撤去され、「望郷の窓」を含む壁の一部が同館1階に移設されたちうわけや。館内には入所者の日用品やらなんやらも展示されとる。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tomoko0101.blog77.fc2.com/tb.php/16-bcb73fb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。